1. リフォームのスマイラックス
  2. 住まいのリフォーム
  3. 耐震リフォーム

リフォームプラン一覧

リフォームプラン一覧はコチラ

お得なリフォームパック
水周りパック キッチン・浴室・トイレ・洗面所
内装パック 1つのお部屋を重点的に
和室KD一体化パック 使わない和室をリビングに
部分リフォーム一覧
キッチン
浴室
トイレ
洗面所
耐震リフォーム
外壁・屋根
ガーデンエクステリア
リビング・ダイニング
洋室
和室
廊下・階段・玄関
太陽光発電
エコキュート

修理・補修・営繕 小さな修理から対応 手すりの取り付け、パッキン交換、畳交換など、小さな修理も承ります。

フルリフォームプラン

リフォームに迷ったら・・・
相談事から選ぶ
無料相談する

フォームで相談

お電話で相談 0120-516-333 [受付時間]平日9:00~18:00

耐震リフォーム

古くから日本は地震大国と言われてきましたが、東日本大震災によって私たちが目の当たりにしたのは、あまりにも衝撃的で想像以上に厳しい現実でもありました。
関東や東南海はもとより、日本中どこででも起こりうる事象ですから、あらためて「備える」ことの大切さが浮き彫りになっています。
建築基準法は、時代とともに改正されています。これからリフォームを計画されるお客さまは、ご自宅の耐震性能についても十分考慮されるようお奨めいたします。
スマイラックスでは、複雑な耐震基準や最新の耐震工事についてもご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。

耐震性のポイント

ポイント1 地盤
一般に川沿いなど、水辺に近い土地の地盤は軟弱と言えます。地盤が弱ければ、揺れも大きくなります。
ポイント2 重量
地震から伝わるエネルギーは、構造物が重いほど大きくなります。 建物の重量が軽いほど、地震に強いと言えます。
ポイント3 床
床は建築用語で「水平構面」と呼ばれ、地震により発生する横方向の力を分散させ、特定の箇所に集中させない役割があります。
ポイント4 壁
地震から伝わる力による壁面への負荷が大きい木造建築では、建築基準法で細かく壁量が定められています。
ポイント5 接合金物
従来工法(軸組工法)の場合、柱と土台や梁などの接合部分に使用する接合金物についても、建築基準法に定められています。

こんな建物は要注意!

1981年以前
1981年6月に建築基準法が改正され、耐震基準が強化されました。実際に、この新耐震基準に適合する建物は、その後に起こった阪神淡路大震災(1995年)などの際にも被害が少ないとされています。我が家が何年に建てられたかを知っておくことも重要です。
軟弱地盤
建築基準法では、軟弱地盤の上に建物を建てる場合、その壁量を通常の1.5にするよう定めています。軟弱な地盤や液状化しやすい地盤は全国に点在しています。特に都市部では埋め立てなどによる造成も多いため注意が必要です。
オーバーハング
2階部分が1階よりもはみ出していたり、柱だけで支えているような状態をオーバーハングと言います。多くは敷地の有効利用やデザイン的な理由で行われる建築ですが、安定性を十分考慮する必要があります。
1階の壁が少ない
壁は建物の耐震強度を大きく左右する要素です。1階部分を車庫や店舗にしていたり、窓を大きくとっている建物の場合、必然的に壁面が少なくなってしまいます。このような建物では地震の際に下から倒壊するおそれもあります。
下屋が大きい
各階の外壁線が揃っているほど、建物は構造上安定します。大きな1階の上に小さな2階が乗っているような建物は、一見安定しているようですが、2階部分の外壁の下(1階内部)に壁を設けていない場合は構造的な負担が大きく、問題があります。
老朽化
ここで言う「老朽化」は、築年数の古さではありません。雨漏りや白蟻被害があったり、土台や柱などに腐敗が見られるような状態を指しています。この状態では耐震強度を保てないため、注意しておく必要があります。

お見積もり・気になるご相談は・・・ 0120-516-333 [受付時間]平日9:00~18:00

お問い合わせフォーム

このページの先頭へ

Copyright © Leben Community Co.,LTD. All Rights Reserved.