1. リフォームのスマイラックス
  2. 住まいのリフォーム
  3. 外壁・屋根

リフォームプラン一覧

リフォームプラン一覧はコチラ

お得なリフォームパック
水周りパック キッチン・浴室・トイレ・洗面所
内装パック 1つのお部屋を重点的に
和室KD一体化パック 使わない和室をリビングに
部分リフォーム一覧
キッチン
浴室
トイレ
洗面所
耐震リフォーム
外壁・屋根
ガーデンエクステリア
リビング・ダイニング
洋室
和室
廊下・階段・玄関
太陽光発電
エコキュート

修理・補修・営繕 小さな修理から対応 手すりの取り付け、パッキン交換、畳交換など、小さな修理も承ります。

フルリフォームプラン

リフォームに迷ったら・・・
相談事から選ぶ
無料相談する

フォームで相談

お電話で相談 0120-516-333 [受付時間]平日9:00~18:00

外壁・屋根

外壁や屋根は、住まいの第一印象を決定づける外装であると同時に、風雨や降雪、落雷、火災などから大切な家族や財産を守る役割も担っています。
屋内と違ってなかなか全体を把握しにくい箇所ですが、美観や機能を維持するためにも定期的なメンテナンスは欠かせません。
ここでは、基礎知識としてそれぞれの特徴をまとめていますので、お住まいをチェックする際などにお役立てください。

外壁

知らないうちに、外壁にクラック(ひび割れ)や汚れが発生していたという経験をお持ちではないでしょうか。
クラックは放っておくと家屋そのものを傷める原因になりますし、汚れは時間の経過とともに屋内に比べずっと落ちにくくなってしまいます。
タイミングを逃さず、状況に応じてリフォームやメンテナンスをすることをお奨めします。
スマイラックスでは、適切なリフォーム時期を見極める診断も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

仕上げ材の種類と特徴
モルタル
モルタルはセメントと砂を水で混ぜ合わせたもので、代表的な湿式工法のひとつです。ペースト状で施工しやすいため、部分的な仕上げの調整にもよく使われます。モルタルは優れた耐候性、耐水性、耐火性を併せ持ち、かつ安価です。
一方で、時間経過によってひび割れしやすい性質のため、より丁寧な施工を必要とします。
サイディング
サイディングとは、外壁に張る板状の外装仕上げ材の総称です。乾式工法として最も一般的で、多くの住宅で使用されています。近年では多くのメーカーから、セメント、セラミック、金属等さまざまな材質で多様なデザインの製品が製造、販売されており、低コストで耐火性、耐水性に優れた外壁を実現できます。
外壁メンテナンスのポイント

外壁は、汚れやクラックの程度によって、塗り替えの要否や時期を判断します。傷みの進行は、立地条件や現状の吹付塗料の質、施工品質などによって異なります。

塗り替えは10年を目安に
一概には言えませんが、通常は10年程度の間隔で家屋全体を点検するよう推奨されています。これを目安に外壁を塗り替えれば、ほとんどの場合適切な耐用を実現できるでしょう。
見た目で判断する場合は、褪色、変色や雨水による黒カビ、クラックなどをチェックします。これらが全体的に目立っているようなら、塗り替え時期と考えましょう。
外壁塗装材の選定
外壁の塗装方法は、下塗りの上に主材塗りを重ねて完成する「単層型」と、下塗り+中塗り(主材)+上塗り(トップコート)からなる「複層型」に分類されます。
単層型、複層型それぞれに、耐用効果や鼓膜形状が異なる数種類の塗料(吹付材)があり、コスト面ではほとんどの場合、耐用年数に比例しています。
立地環境の影響
経年劣化の度合いは、周辺の環境条件によって大きく変わります。
海に近い場所での塩害や黄砂、火山灰の飛散などの自然環境による影響のほか、幹線道路、高速道路、工業地帯などの周辺でも、排ガス、粉塵等によって耐用年数を左右する場合があります。
外壁のトラブルは住まいの至るところに影響しますので、環境面で心配のある方は、お早めにご相談されることをお奨めします。
高圧洗浄も有効に
雨水や紫外線といった気象条件や、コンクリートを劣化させるさまざまな要因から外壁を守っているのが吹付材です。この耐用年数は3高圧洗浄は、外観の美しさを甦らせるだけでなく、補修したクラックや下地の耐用性を最大限発揮するためにも有効です。

このページの先頭へ

屋根

日常の生活の中では見落としがちですが、屋根に一部でも破損があると、住宅のあちこちを傷めてしまいます。家屋全体として長く保つためにも、こまめな点検をこころがけましょう。
普段見えにくい場所ということもあり、補修の必要がないにもかかわらず、あたかも必要であるかのように装って、法外な費用をだまし取る手口にも使われやすいので、悪徳業者には十分注意してください。

屋根材の特徴と点検修理
和瓦

特徴

耐久性に優れる
ほとんど褪色しない
やや高価

基本的に塗り替えできないので、もし汚れてしまったら洗うか葺き替えを行います。

点検ポイント

ズレや割れがないかチェック
野地板をチェック

一部の瓦がズレたり、浮いている場合、棟部に積んである瓦(棟瓦)のズレが影響しているかもしれません。また、棟瓦を固定している漆喰部が崩れてしまっている可能性もあります。
和瓦は耐用年数20~30年と非常に丈夫ですが、その反面、瓦を打ち付けてある野地板と呼ばれる部材を傷めやすい傾向があります。軒先や屋根裏から歪みやたわみがないか、目視チェックしてみてください。

化粧スレート屋根

特徴

薄くて軽い
耐震性に優れる
施工が容易
工期が短い
安価

近年耐候性も高まってきた化粧ストレート屋根ですが、色が褪せてきたら(10~15年程度が目安)塗り替えることもできます。

点検ポイント
化粧スレート屋根では、役瓦*1と呼ばれる部分に金属製の鉄板などが使われる場合があります。この部分が錆びたり腐食してしまったら、取り換え時期と考えてください。
セメント瓦

特徴

寒暖差に強い
褪色しやすい

20年程度はもつ材質ですが、塗装面が経年変化しやすいため、10年弱で色つやが悪くなってきます。放置しておくと塗料が完全に落ちてしまい、ひどい場合は内部が手で触れるだけでも欠け落ちてしまうなど、見た目以外の問題にも発展してしまいます。

点検ポイント
色褪せや塗装の剥がれがないか、まめにチェックしましょう。定期的に点検し塗り替えれば、長く良い状態を保てます。ひび割れや欠けた箇所が見える場合は、危険信号です!
※劣化したセメント瓦の屋根に上るのは大変危険です。ご自分で屋根に上らず、早急にご相談ください。
接合部分
特徴

水切りは定期的に交換を

屋根と外壁、屋根と別棟の屋根などが接合している部分のことを「取り合い」と呼びます。雨漏りなどを防ぐため、この取り合い部分には「水切り」という金属製の板が取り付けられています。

点検ポイント

ひび割れ
錆び談ください。

交換時期の目安は、およそ5~10年です。
水切りにひび割れやサビがある場合は、時期にかかわらず、補修・交換しましょう。

雨どい(雨樋)
特徴
雨どいは、屋根に降り注ぐ雨水を逃し、湿気や雨漏りから家屋を守るためにも欠かせない設備です。
軒下の部分には、落ち葉などの混入を防ぐ部目的でネット状の部材がついています。
破損や欠損があると、屋根からの雨水が直接外壁をつたってしまうので、その水分で壁の内外を傷めます。
こまめな点検と清掃が必要な箇所です。
点検ポイント

ひび割れ
詰まり
変形
周辺の木立ち

割れやヒビを発見したら早めの修理が必要です。小さなひび割れなら、雨どい用の補修テープで簡単に修理することもできます。
落ち葉よけがあっても、落ち葉やゴミの混入をすべて防ぐのは困難です。モノが詰まると、水が溢れたり、ひび割れや変形の原因にもなります。内壁や窓付近に雨漏りに似た現象がみられる場合は、雨どいを点検してみましょう。
雨どいよりも高い樹木がある場合は、適度に掃除するようこころがけてください。

ひとくちメモ

屋根とその周辺はこまめな点検、清掃を!
ある程度の年数が経過したら、葺き替えや補修も検討してみましょう。トラブルを防止するとともに、見栄えもぐーんとアップします。

  • 瓦にはコケや雑草が生えてしまうことがありますが、これを放っておくと、雨水を屋根の内部に引き込んでしまうおそれがあります。
  • 屋根の上に落ち葉や枯れ葉が積もっていると、雨漏りの原因になる場合があります。
  • 屋根全体の葺き替えは、費用、日数ともにそれなりにかかりますが、部分的な瓦のズレや割れの補修工事は1日程度の工期で可能です。
*1:役瓦…【やく・がわら】
屋根の棟部(最頂部の辺)に使われる棟瓦、棟部の端の鬼瓦、左右の端(けらば部)をなす袖瓦(けらば瓦とも)、下端(軒先)の軒先瓦などの総称。
役瓦以外の部分に葺く通常の瓦は、地瓦(じ・がわら)と呼ばれる。

お見積もり・気になるご相談は・・・ 0120-516-333 [受付時間]平日9:00~18:00

お問い合わせフォーム

このページの先頭へ

Copyright © Leben Community Co.,LTD. All Rights Reserved.